NEWS

新着情報

2021.5.10


【施工事例】賃貸だっておしゃれで機能的に!時代のニーズに合わせた賃貸経営

「将来的にマイホームは欲しいけれど、今はまだ賃貸暮らしで貯金をしておきたい。」とお考えの方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。新築の綺麗な賃貸に住むことは理想ですが、夢のマイホームの為になるべく月々の家賃は節約しておきたいものですよね。

そんな方へ、ぜひおススメしたいのが「リノベ済み賃貸物件」

近年、リノベーションという言葉を耳にする機会は増えているかと思います。実は、熊本でも賃貸リノベを考えられているオーナー様が増えてきているんです。今回は、初めて賃貸リノベをされたK様のお引渡し式の様子をご紹介したいと思います。

既存のものを活かしたリノベーション

最初にご覧いただいたお部屋の壁には、和室によく施されている長押(なげし)と呼ばれる横板をあえて残し壁紙も木目調のもので統一しました。本来は、構造材としての役割を果たしていましたが建築技法が発展したことにより、最近では収納スペースとして活用したりディスプレイなどのインテリアとして利用される方も増えています。

また、和室のお部屋でよく見かけるラミ天と呼ばれる木目模様の天井は、白く塗装することでデザイン性UPと空間を広くみせる効果があります。

こちらのタイル柄のキッチンの壁紙は、近くで見ないと本物かと見間違えてしまうほど。

間取りやキッチンなどの水回りを変えるとなると、どうしても予算がかかってしまうものです。そんな時は、アクセントとして特徴のある壁紙に変えるだけでも随分雰囲気が変わります。

こちらの画面左側の紺色の壁。遠くから見ると気づきにくいですが、実はある特徴のある壁紙なんです。

近づいてみると…

このように、立体的な加工が施され窓から差し込む光や部屋の灯りによってその表情を変えます。時間によって変化するおもしろさもいいですね。

部屋の雰囲気を変える工夫

こちらのお部屋は、壁付のキッチンの配置を変え居室と繋げることで使い勝手の良いLDKへ。

スキップフロアのキッチンにすることで、メリハリのある空間へと生まれ変わりました。

さらに、色味を合わせたオリジナルの造作ドアを使用する事で、統一感が増しオシャレな雰囲気に。どのお部屋もそれぞれの特徴があり、見ているだけで楽しいそんなお引渡し式でした。

時代のニーズに応える賃貸経営

大田黒:これまで、管理されている賃貸の原状回復工事は何度もご経験されているかと思いますが、今回初めて「リフォームではなくリノベーションをしよう」と思われた理由をお聞かせいただけますか?

<before>

K様:この部屋は元々3DKの間取りで、今の賃貸市場において訴求力の引きが弱いなとずっと感じていたんです。実際に、空室期間が1年ほどあり「いつかはリノベーションしたいなぁ。」とずっと考えていたんですけど。

繁忙期前(※取材3月)の今が、時期的にみてもいい機会かなと思って「よし、やってみよう!!」って思いましたね。

<After>

大田黒:今日のお引渡しで、実際にお部屋をご覧になられた率直なご感想をお聞かせください。

K様:これまでのように当時の間取りを原状回復する工事だと、新しい床材や建具(ドア)などを使ったことがなかったのでやっぱり新鮮ですよね。見違えるように変わったんで、そこは1番良かったなぁと思います。

大田黒:先程K様が仰ったように、10年前・20年前に比べると家族構成や生活の仕方も変わってきています。賃貸の空き部屋が多い状況をみると、間取りや扉の色などの好まれるデザインというのも時代と共に変化させていかないといけないのかもしれませんね。

そういう意味では、リノベーションをすることで何かガラッと変わるひとつのきっかけになるのかなと思います。

K様:そうですね。

選んでいただいた理由

大田黒:今回色々ご検討いただいた中から弊社にご依頼いただいたとの事ですが、選ぶ決め手になったことは何かございますか?

K様:ホームページを拝見したんですが、やっぱりこう…パッと目を引くところですよね。他のリノベーションの会社さんとかもちょっと覗いてはみたんですけど、よくあるリノベーションや色づかいというか…

K様:そういう意味では、銀杏開発さんのところはスタイリッシュであったり、他では見ない柄や模様というのがあって。これから新しいお客さんにアピールしたいなというのを考えた場合、こういうところにお願いした方がいいのかなと思いました。

大田黒:ありがとうございます。特に今回は、間取りも含めてごろっと一新させた2部屋とアクセントで部分的に変化させた部屋の何部屋かで比較できるようなカタチで施工(工事)させていただきました。実際に募集をかけた時、「どちらの部屋の方が反応が良くて」「どちらが先に入居者が決まるのか」というのは、オーナー様からしても今後の検討材料になると思うので私たちも気になるところです。

大田黒:単純にお金を賭けることだけが全てではなく、決まった予算で雰囲気を変えるだけでも入居者が決まるのであればオーナー様としては1番メリットが生まれると思います。そのためにも、今回の結果もお話を伺いながら今後に活かしていければいいなと思います。

K様:そうですね、ありがとうございます。

やっぱり収益物件として扱っている以上は、利益の最大化は目指していかないといけません。全体的に大きく改修したところと、要所のみ改善したところではどのような違いがあるのか、自分も興味深いところです。それに加え、賃料の設定も色々考えながら自分で状況をみて判断していけるっていうのもいいのかなと思いますね。

大田黒:確かに、そうですね。賃料を上げる部分と下げる部分、その辺も含めて色々なカタチが出てくると思います。賃貸の繁忙期がいいのか・少しずらしてでも借りる人がいるのか、いろんなバリエーションで検証ができるっていうのはやっぱりいいのかなと思います。

K様:そうですね。

大田黒:私たちもできる限り、柔軟に対応できるようにやっていきたいと思います。

大田黒:最後に、銀杏開発に向けて「ここは、もっとこうした方がいいよ。」もしくは、「ここが良かった。」などのご意見やトータル的な感想などあれば、ぜひお聞かせください。

K様:最初にホームページで見たように、自分たちが考えもつかないような色のデザインであったり、間取りのレイアウトなどを提供して下さったのでやっぱり目から鱗の部分が大きかったです。賃貸リフォームの実績もあると伺って、全面的に信頼して良かったなと思っています。

大田黒:ありがとうございます。よくお客様にお話しさせていただくのですが、工事が終わったらおしまいではなく私たちはここからが始まりだと思っています。今後も、お部屋のことや入居者が決まったなどでもお気軽にご連絡いただければ私たちも嬉しいです!今後も一緒に末永くお付き合いできればと思いますので、よろしくお願いします。本日はありがとうございました。

K様:こちらこそ、よろしくお願いします。ありがとうございました。

まとめ

今回のリノベツアーには、こんなに可愛らしいカメラマンさんも一緒に参加してくれて終始和やかな雰囲気でした。

ご自宅のリノベーションに興味がある方もそうでない方も、リノベーション賃貸をみつけてお試ししてみるのも良いかもしれませんね。もちろん、空室にお悩みのオーナー様からのご相談もお気軽にお問合せください。




【ショールームのご案内】
□リノベ不動産│銀杏開発 津浦ショールーム
住所:熊本市北区津浦町32-2

昭和49年築の中古住宅をリノベーションしたショールームです。自宅のような落ち着いた雰囲気のあるショールームとなっています。 随時ご案内可能ですので、お気軽にお越しください。

 

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

 

一覧へ戻る

category

entry