NEWS

新着情報

2021.5.29


【Owners voice】決め手は、スピーディーな店舗改装!

     

今回お邪魔したのは、東区にある「AFTER DARK」

90年代ストリート系アメカジを中心に
オーナーが1点1点こだわりを持って集めた
ヴィンテージセレクトショップ

住宅街の中にある隠れ家にお邪魔してきました。

弊社を知ったきっかけや決め手とは?

大田黒:弊社で工事をご依頼いただいた先輩オーナー様へ、率直なご意見を聞く「オーナーズボイス」ということで今回はおじゃまさせていただきました。よろしくお願いします。

N様:よろしくお願いします。

大田黒:早速ですが、今回工事をご依頼していただいたきっかけやポイントを教えていただければと思います。

N様:しばらく熊本を離れていたので、あまり業者さんとかを知らなくて。ちょくちょくHPとかで調べていたら、銀杏開発さんのHPを見つけて「綺麗だなー」と思いながら施工事例を見ていたんです。

できれば、早くお店を開業したいという思いもありました。店舗改装にかかる期間も気になりコメント欄を見てみると、割とスピーディーにってことだったので銀杏開発さんに決めさせていただきました。

大田黒:ありがとうございます。

90年代ストリート系アメカジshop
「AFTER DARK」

大田黒:今回は、住宅兼店舗ということでどういったカタチのお店なのかをご紹介いただけますか。

N様:決して大きくはないんですが、元々名古屋でアートギャラリーとして開業をしました。

N様:それから、90年代の古き良き時代の商品を取り扱うようになり、「ファッションとアートの繋がり」をテーマとした古着屋となっております。

大田黒:世代的に近いかと思うんですが、私も古着がめちゃくちゃ好きで学生の時に欲しかったものがいっぱいありますね。

大田黒:完成後にお邪魔したときは、めちゃくちゃテンションが上がったのを覚えています。「あー、これ懐かしい。」とか「やっぱ、カッコいいなっ!!」ていうのが沢山あって。

N様:ありがとうございます!!

大田黒:ご自身でセレクトされて、仕入れから何まで全部おひとりでされているんですか?

N様:仕入れから販売まで、私ひとりで全てやっているのでワンオペですね。

大田黒:やっぱり、ネット販売が多いですか?

N様:場所を問わないので元々はネット主体でやっていたんですが、今回20年ぶりに名古屋から熊本に戻ってきたカタチになります。

大田黒:ネット販売ということは、「ホームページ(HP)」や「Instagram」ですか?

N様:そうですね。全国や世界の方々にも見てもらえるようにということで、HPに商品を載せて販売しています。それに加えて、無料の媒体であるInstagramには頻繁にアップするようにしていますね。

大田黒:ちなみに、お店の名前はご紹介してもいいですか?

N様:もちろんです!

大田黒:ということで!!
90年代ストリート系アメカジを中心に、オーナーが1点1点こだわりを持って集めたアウターやTシャツ・スニーカーなどを取り揃えた隠れ家「AFTER DARK(アフターダーク)」

大田黒:気になった方はHPリンクを貼っておきますので、こちらもぜひご覧ください↓↓

N様:めちゃくちゃ宣伝してくれるんですね(笑)

大田黒:当り前じゃないですか!!ちなみに、「AFTER DARK」さんってどんな意味があるんですか?

N様:あまり深い意味はないんですけど、中学生の時に好きだった映画に出てきたお店の名前から取りました。

大田黒:海外に行って、直接仕入れられることもあるんですか?

N様:コロナでなければ本当は行きたいんですが、今はほとんど東京方面からの仕入れが多いですかね。

ショップリノベーションのポイント

大田黒:今回はお住まいも兼ねているということで、住みながら途中経過も見られていると思います。完成後のお店を、ご覧いただいた時の率直なご意見を伺えますか?

N様:もう本当にゴミ溜めみたいなところだったんで、スッキリっていうのが1番の印象です。壁紙とかも細かく相談にのっていただいて、やっぱり白にして正解でしたね!

大田黒:白い壁紙って一見シンプルですが、部屋の雰囲気が一気に明るくなるので大切な商品が1番よく映えるという意味では白にしてよかったですね。

N様:そうですね。あと、日当たりもあまり良くなかったので上の明り取りの部分はつくって良かったなと思いました。

大田黒:お店の中で、1番のお気に入りのポイントや拘られたところはどこですか?

N様:個人的に1番気に入っているのは、そこの扉と正面のドアですね。


N様:昔のドアとは違って、扉を開けたら下の床の部分がフラットになっているじゃないですか。そのフラットな状況が凄くカッコいいな!!と思って。

大田黒:ドア自体も住宅でよく使われる目隠しを兼ねたすりガラスではなく、お店の中が見やすいように透明なガラスを使用しているのも開放感があってカッコいいですよね。

大田黒:外観も、グレーの扉にブルーのアクセントカラーを入れたことで、住宅街の中でひと際目を引くポイントになってよかったなと今日お邪魔して改めて感じました。

N様:最初は白一色にするつもりだったんですけど、下地が他の外壁部分と違うのでそこだけ色を変えてみてはどうかって左官さんからご提案いただいて「じゃあ、そうしましょう!!」ってなったんですよね。

大田黒:外から見ても目立ちますし、結果的に良いアクセントになっていますね。

N様:そうなんです。ご近所の方からも「すごく明るい家になりましたね!」って評判がいいんですよ。

大田黒:それでは最後になりましたが、弊社にご依頼いただいての感想や良いことも悪いことも含めて「もっと、こうして欲しかった。」や「ここが良かった。」などのご意見をいただけますか?

N様:特に悪い点というのは、あんまり見当たらなくて。

私も古い人間なので、大工さんというと年配のいぶし銀頭の方が来られるのかなーと思っていたんですが、スタッフさんがすごく若くて動きも早くてビックリしました。

また何かあれば銀杏開発さんにお願いしたいと思いますし、リフォームを考えていらっしゃる方がいればおススメしたいなと思っています。

大田黒:ありがとうございます。職人さんの話でいうと、弊社がよく一緒にお仕事をさせていただいている電気屋さんが、たまたまN様の同級生だったという偶然もありましたね。

N様:ほんと、地元は狭いですね。ハハハハッ(笑)

大田黒:狭いですね(笑) でも、今回そうやってお仕事させていただいたのもご縁だと思います。

また今後、建物も含めて何かある時はお気軽にご相談いただければと思います。本日は、ありがとうございました。

N様:こちらこそ、ありがとうございました。

編集後記

住宅街の中に突如現れたアメカジショップ。ブルーを基調としたラインアクセントにグレーの扉。

商品撮影時にも便利な白い壁の明るい店内。さらに、ディスプレイされたサーフボードやスケートボードが、カジュアルな雰囲気を演出しています。

自転車もディスプレイできる程の広いエントランスに飾られているのは、ショップコンセプトでもある「ファッションとアートの繋がり」を表現したパネルアート。

耳を澄ませば、レコードから流れてくる心地よい音楽。

正面には、アメカジファンには堪らないすっきりとディスプレイされた90年代の古着の数々。今回のインタビュー中には、施工内容のみならずファッションやアートの話など、「これから、一緒にこんなこともやれたらいいですね。」なんてお話も。

ペイントされたジーンズや、有名ファッションデザイナーのアートなど隠れたショップコンセプトを見つけた時にはついテンションが上がってしまいました。近くを訪れた際には、そんなワクワクする空間にお邪魔してみてはいかがでしょうか。

 

 

弊社では、ショップ改装のご相談はもちろん、お客様との繋がりも大切にしています。
・どれくらいの費用がかかるのか知りたい
・弊社が手掛けたショップに足を運んでみたい
・まずは、話だけ聞いてみたい
など、お気軽にご相談下さい。

こちらから24時間受付可能▶ショールーム予約(来店予約)
※お申込み内容確認後、担当者よりご予約内容確認のご連絡をさせて頂き確定となります。



<今回ご紹介した AFTER DARK さんの詳しいショップ情報>

HP▶https://afterdark.base.shop/
Instagram▶https://www.instagram.com/afterdark714/
Twitter▶https://twitter.com/AfterDa38396270

 

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

2021.5.17


設計士と造る家~新築編~

     

みなさんは、「上棟」という言葉を耳にしたことはありますか?リノベーションの場合は、棟上げを行うことがないので縁がありませんが新築のほとんどの場合は棟上げを行います。(※工法によっては新築でも行われない場合があります。)

たった1日で1階から棟上げまでを行う作業は、見ているだけでもすごくワクワクします。そこで今回は、弊社で行われた新築の上棟の様子をご紹介します。

Y様ご家族の笑顔のために

施主・棟梁により、建物の四隅に米や塩を盛り、地鎮祭で使用した清酒をかけてお清めをする「四方固め」

当社スタッフや大工のみなさんに見守られる中、Y様ご家族みんなで和気あいあいとした雰囲気で執り行われました。

お父さんの姿を興味深々な様子で眺めていたお兄ちゃん。その姿を見て、妹さんに優しく教えている頼もしい姿に、なんだかほっこりさせられる一場面も。

四方固めのあとは、工事が無事に進むようにみんなで祈願し清酒で乾杯をします。(※安全のため、実際には飲むふりをして棟上げ工事を行います。)

〈担当の原田より、ひとことご挨拶〉
「Y様ご家族の想いを結ぶ住まいづくりをお手伝いする中で、設計士さんや職人さん・関係者の皆様と協力し、安全・丁寧・迅速に工事を進めてまいります。完成した際のY様ご家族が喜んでくださる顔を見るのが今からとても楽しみです。」

たった1日で家が組み上がる姿は圧巻

四方固めのお清めと祈願のあとは、棟上げ工事を行います。

朝早くから集まったたくさんの大工さんたちの手によって、1階から屋根の骨組みまでを一気に組み立てていきます。

これだけの作業をわずか1日で終わらせてしまうのですから、大工の腕の見せ所でもあります。大勢の大工をまとめ手際よく指揮をとる棟梁のもと、安全に気をつけながら順調に作業が進みます。

家を支える大事な梁は、太くて重いためクレーンを使い職人との息を合わせてピッタリと納めていきます。少しでも気を緩めると大事故につかがるので、現場は真剣そのもの。この時ばかりは、私たちは見守ることしかできません。

途中で昼食や休憩を取りながら作業は順調に進み、いよいよ棟上げ作業が始まりました。家の基礎となる骨組みが出来上がり、屋根の1番高い場所に棟木(むなぎ)と呼ばれる横木を取り付け完成です。

昨日まで基礎部分しかなかった場所に、たった1日で手際よく家の形をつくりあげる姿は圧巻です。

Y様ご家族が初めて鍵を開けるお引き渡し式まで大切にお預かりし、関係者の皆様にご協力いただきながら素敵な住まいづくりのお手伝いをさせていただきます。”設計士と一緒に造る家”完成まで、乞うご期待!

おわりに

マイホーム購入を考えはじめた時の”お悩みNo1”と言っても過言ではない

・新築
・中古住宅
・中古+リノベーション

という3つの選択肢。お客様にとっては、それぞれにメリットやデメリットがあります。住まいの買い方でお悩みの場合は、どうぞお気軽にご相談ください。




こちらから24時間受付可能▶ショールーム予約(来店予約)
※お申込み内容確認後、担当者よりご予約内容確認のご連絡をさせて頂き確定となります。

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

2021.5.13


【施工事例】共有スペースの工夫で、居心地のよい空間づくり。~新築編~

     

リノベーションのノウハウを活かした新築づくり。

数年先まで考えたメンテナンスのしやすさ、
既製品だけでは叶えられないご家族のためだけの造作の数々。

共有で使用するものを一か所にまとめることで、
ご家族みんなが過ごしやすい居心地のよい空間となりました。

笑顔溢れるお引渡し式

今回は、N様邸お引渡し式の様子を交えながらインタビュー形式でお客様の声をご紹介したいと思います。

お引渡し式が始まり、まずはご自宅ができるまでの様子をスライドショーで投影。

新しい住まいって、子どもから大人まで何だかワクワクしますよね!
ご家族のみなさんも、とっても嬉しそうな表情。

場所を変えてのテープカットは、パパと可愛らしい娘さんも一緒に参加。
少し、緊張しているのかな!?

記念品贈呈や各種説明などを終えた後は、施主ご家族と一緒に素敵なリビングで記念撮影。N様ご家族のこれからの毎日が、笑顔でいっぱいになりますように。

【お客様の声】
ご家族みんなが過ごしやすい工夫

原田「ご新築おめでとうございます。本日のお引渡し式を迎えてのお気持ちを、ぜひお聞かせ下さい。」

ご夫婦「率直に嬉しいです。一から細かい要望に応えていただき、特にキッチンやFIX窓の前のところなど、こだわりの造作部分をイメージ通りに形にしていただいたのを目にしたときはすごく嬉しかったです。」

原田「ありがとうございます。ゼロベースの新築づくりでしたが、間取りで特にこだわったところはございますか。」

奥様「納戸・パントリー・洗面脱衣所をなるべく広くとっているんです。共働きなので、リビングをスッキリさせる為に、散らかりやすいものはまとめて収納できるようにしました。あと、洗面脱衣所には、乾燥機や収納までを揃えることで家事を”一か所で完結したい”という希望を叶えてもらいました。」

奥様「食器乾燥機も大き目のものを入れたので、今日から家事に解放されます(笑)」

原田「ご主人はいかがですか?」

ご主人「そうですね。僕は、書斎を作っていただいたことですかね。あと木目調のものを沢山使っていただいたところも気に入っています。」

原田「木目やブラックのデザインの融合が素敵ですよね。この家のアクセントポイントの階段は、実際にご覧になっていかがですか?」

ご夫婦「そうですね。軽すぎず・重すぎず、空間を邪魔しないところが素敵だなと思います。」

原田「他に、お気に入りのポイントはありますか?」

ご夫婦「銀杏開発さんにあるカウンターと高さも仕様も全く一緒にという要望でキッチンカウンターを作っていただいたところですね。あそこに座って使用感を体感できたことが、これだ!と決め手になりました。他にも、津浦ショールームの造作家具をベースにさせていただいたところが多くて、すごく参考になったなと思います。」

原田「最後に、銀杏開発に向けてひとことお願いします。」

ご夫婦「スタッフの皆さんが温かくて、私たちの要望をそのまま酌んで夢を実現していただき想いを繋いでいただいたと思います。本当にありがとうございました。」

原田「こちらこそ、ありがとうございました。」

みなさん終始笑顔で、パパとママがお子さまを優しく見つめる姿がとても印象的でした。

ご家族の思い出が刻まれる空間づくり。
そのお手伝いをさせていただけたことに、スタッフ一同嬉しく思っています。

テレワークや外出自粛によりご自宅で過ごす時間が多い昨今、オリジナル家具の造作や建具のご相談も増えています。実際に体感してご検討されたい場合は、津浦ショールームにていつでもご見学可能です。どうぞ、お気軽にご連絡下さい。

こちらから24時間受付可能▶ショールーム予約(来店予約)
※お申込み内容確認後、担当者よりご予約内容確認のご連絡をさせて頂き確定となります。

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

2021.5.10


【施工事例】賃貸だっておしゃれで機能的に!時代のニーズに合わせた賃貸経営

     

「将来的にマイホームは欲しいけれど、今はまだ賃貸暮らしで貯金をしておきたい。」とお考えの方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。新築の綺麗な賃貸に住むことは理想ですが、夢のマイホームの為になるべく月々の家賃は節約しておきたいものですよね。

そんな方へ、ぜひおススメしたいのが「リノベ済み賃貸物件」

近年、リノベーションという言葉を耳にする機会は増えているかと思います。実は、熊本でも賃貸リノベを考えられているオーナー様が増えてきているんです。今回は、初めて賃貸リノベをされたK様のお引渡し式の様子をご紹介したいと思います。

既存のものを活かしたリノベーション

最初にご覧いただいたお部屋の壁には、和室によく施されている長押(なげし)と呼ばれる横板をあえて残し壁紙も木目調のもので統一しました。本来は、構造材としての役割を果たしていましたが建築技法が発展したことにより、最近では収納スペースとして活用したりディスプレイなどのインテリアとして利用される方も増えています。

また、和室のお部屋でよく見かけるラミ天と呼ばれる木目模様の天井は、白く塗装することでデザイン性UPと空間を広くみせる効果があります。

こちらのタイル柄のキッチンの壁紙は、近くで見ないと本物かと見間違えてしまうほど。

間取りやキッチンなどの水回りを変えるとなると、どうしても予算がかかってしまうものです。そんな時は、アクセントとして特徴のある壁紙に変えるだけでも随分雰囲気が変わります。

こちらの画面左側の紺色の壁。遠くから見ると気づきにくいですが、実はある特徴のある壁紙なんです。

近づいてみると…

このように、立体的な加工が施され窓から差し込む光や部屋の灯りによってその表情を変えます。時間によって変化するおもしろさもいいですね。

部屋の雰囲気を変える工夫

こちらのお部屋は、壁付のキッチンの配置を変え居室と繋げることで使い勝手の良いLDKへ。

スキップフロアのキッチンにすることで、メリハリのある空間へと生まれ変わりました。

さらに、色味を合わせたオリジナルの造作ドアを使用する事で、統一感が増しオシャレな雰囲気に。どのお部屋もそれぞれの特徴があり、見ているだけで楽しいそんなお引渡し式でした。

時代のニーズに応える賃貸経営

大田黒:これまで、管理されている賃貸の原状回復工事は何度もご経験されているかと思いますが、今回初めて「リフォームではなくリノベーションをしよう」と思われた理由をお聞かせいただけますか?

<before>

K様:この部屋は元々3DKの間取りで、今の賃貸市場において訴求力の引きが弱いなとずっと感じていたんです。実際に、空室期間が1年ほどあり「いつかはリノベーションしたいなぁ。」とずっと考えていたんですけど。

繁忙期前(※取材3月)の今が、時期的にみてもいい機会かなと思って「よし、やってみよう!!」って思いましたね。

<After>

大田黒:今日のお引渡しで、実際にお部屋をご覧になられた率直なご感想をお聞かせください。

K様:これまでのように当時の間取りを原状回復する工事だと、新しい床材や建具(ドア)などを使ったことがなかったのでやっぱり新鮮ですよね。見違えるように変わったんで、そこは1番良かったなぁと思います。

大田黒:先程K様が仰ったように、10年前・20年前に比べると家族構成や生活の仕方も変わってきています。賃貸の空き部屋が多い状況をみると、間取りや扉の色などの好まれるデザインというのも時代と共に変化させていかないといけないのかもしれませんね。

そういう意味では、リノベーションをすることで何かガラッと変わるひとつのきっかけになるのかなと思います。

K様:そうですね。

選んでいただいた理由

大田黒:今回色々ご検討いただいた中から弊社にご依頼いただいたとの事ですが、選ぶ決め手になったことは何かございますか?

K様:ホームページを拝見したんですが、やっぱりこう…パッと目を引くところですよね。他のリノベーションの会社さんとかもちょっと覗いてはみたんですけど、よくあるリノベーションや色づかいというか…

K様:そういう意味では、銀杏開発さんのところはスタイリッシュであったり、他では見ない柄や模様というのがあって。これから新しいお客さんにアピールしたいなというのを考えた場合、こういうところにお願いした方がいいのかなと思いました。

大田黒:ありがとうございます。特に今回は、間取りも含めてごろっと一新させた2部屋とアクセントで部分的に変化させた部屋の何部屋かで比較できるようなカタチで施工(工事)させていただきました。実際に募集をかけた時、「どちらの部屋の方が反応が良くて」「どちらが先に入居者が決まるのか」というのは、オーナー様からしても今後の検討材料になると思うので私たちも気になるところです。

大田黒:単純にお金を賭けることだけが全てではなく、決まった予算で雰囲気を変えるだけでも入居者が決まるのであればオーナー様としては1番メリットが生まれると思います。そのためにも、今回の結果もお話を伺いながら今後に活かしていければいいなと思います。

K様:そうですね、ありがとうございます。

やっぱり収益物件として扱っている以上は、利益の最大化は目指していかないといけません。全体的に大きく改修したところと、要所のみ改善したところではどのような違いがあるのか、自分も興味深いところです。それに加え、賃料の設定も色々考えながら自分で状況をみて判断していけるっていうのもいいのかなと思いますね。

大田黒:確かに、そうですね。賃料を上げる部分と下げる部分、その辺も含めて色々なカタチが出てくると思います。賃貸の繁忙期がいいのか・少しずらしてでも借りる人がいるのか、いろんなバリエーションで検証ができるっていうのはやっぱりいいのかなと思います。

K様:そうですね。

大田黒:私たちもできる限り、柔軟に対応できるようにやっていきたいと思います。

大田黒:最後に、銀杏開発に向けて「ここは、もっとこうした方がいいよ。」もしくは、「ここが良かった。」などのご意見やトータル的な感想などあれば、ぜひお聞かせください。

K様:最初にホームページで見たように、自分たちが考えもつかないような色のデザインであったり、間取りのレイアウトなどを提供して下さったのでやっぱり目から鱗の部分が大きかったです。賃貸リフォームの実績もあると伺って、全面的に信頼して良かったなと思っています。

大田黒:ありがとうございます。よくお客様にお話しさせていただくのですが、工事が終わったらおしまいではなく私たちはここからが始まりだと思っています。今後も、お部屋のことや入居者が決まったなどでもお気軽にご連絡いただければ私たちも嬉しいです!今後も一緒に末永くお付き合いできればと思いますので、よろしくお願いします。本日はありがとうございました。

K様:こちらこそ、よろしくお願いします。ありがとうございました。

まとめ

今回のリノベツアーには、こんなに可愛らしいカメラマンさんも一緒に参加してくれて終始和やかな雰囲気でした。

ご自宅のリノベーションに興味がある方もそうでない方も、リノベーション賃貸をみつけてお試ししてみるのも良いかもしれませんね。もちろん、空室にお悩みのオーナー様からのご相談もお気軽にお問合せください。




【ショールームのご案内】
□リノベ不動産│銀杏開発 津浦ショールーム
住所:熊本市北区津浦町32-2

昭和49年築の中古住宅をリノベーションしたショールームです。自宅のような落ち着いた雰囲気のあるショールームとなっています。 随時ご案内可能ですので、お気軽にお越しください。

 

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

 

2021.4.28


【Owners voice】こだわりな暮らしで心穏やかに~アドバイス編~

     

先輩リノベオーナーさんへ聞く本音トークシリーズ「Owners voice」
前回に引き続き、先輩オーナーS様に「これから住まいづくりを考えていらっしゃる方へ向けてのアドバイス」を伺ってみました。

※今回は、物件探し編・施工編・アドバイス編の3回に分けてご紹介していきます。

今回お邪魔したのは、西区にある築45年のリノベーション住宅。
DIY好きのご主人と、優しい笑顔の奥様との
”好きがいっぱい詰まった明るいおうち”

ご夫婦と小さなお子様3人での「こだわりな暮らし」
少しだけのぞき見してきました。

お客様も「つくり手のひとり」

大田黒:今から家を買おうと思っている方へ向けて、何かポイントやアドバイスはございますか?

ご主人:そうですね、自分もつくり手のひとりだ」という意識を持つことが大事なのかなと思います。家をつくるうえで、担当者の方をはじめ設計士さんや大工さんなど沢山の方々にお世話になります。

そこで相手に任せっきりにしてしまうのではなく自分も一緒に勉強をしていくことで、打合せ自体がスムーズで自分の要望がどう叶っていくかが段階的にわかってくるんですよね。

最終的に出来上がったものに満足しているからこそ言えるんですが、「つくり手のひとりだ」というスタンスでやることで後悔の少ない状況が生み出せたんだと思います。

大田黒:お客様によって様々ではありますが、勉強熱心な方だと色んな説明をする際に通じやすい部分や逆に意見が戻ってきたりするんですよね。

さっき仰ったように、施主様も含めてうちの会社・職人さんみんなでひとつのものを一緒につくっていくっていう感覚がより強い方のほうが、確実によいものができると私も思います。そういう意味でも、打ち合わせの段階からそこが密にできたことがご満足いただけた1番の理由だったのかなと改めて感じました。

それでは、弊社に対してメッセージもしくは希望など何かございますか?

ご主人:私は結構こだわりが強い方なので、手間がかかる相談を色々した自覚があるんですけど(笑)そういう客に対しても真摯に対応してくださったので、自分の理解が深まっていくのがよくわかったんですよね。そこは今でもよかったなと思っていて、やっぱり感謝の気持ちが強いですね。

ご主人:実際に住みはじめてからも、こちらからの要望に対してどう対応して下さるのかっていうのをかなり具体的に説明してくださって。何かあれば実際に確認しにきてくれたりっていうのを当たり前のようにしていただけるので、築何十年という中古住宅でも安心して暮らせているんだと思います。

大田黒:ありがとうございます。そんな風に仰っていただき、私も嬉しいです。
奥様は、いかがですか?

奥様:私は、旦那の話を横で聞いてて、凄くめんどくさい話をしてるのではないかなとずっと気にしてたんですけど(笑)「凄く楽しい!」って言っていて、旦那の意見をしっかり聞いて一緒に作って下さったので、とても感謝しています。ありがとうございました。

大田黒:いえいえ、ありがとうございます。
色んなお話をさせていただく過程で、もちろんご指摘も含めて私たちも改めて勉強する部分もあったり、ご主人が思い描いていらっしゃる理想の完成形により近づけたいなというこちらの想いもあって、凄く楽しかったなというのは1番感じましたね。

去年は自粛生活でなかなかお会いできる機会も少なかったんですけど、世の中がもう少し落ち着いたら一緒にお酒を飲んだり、サーフィンへ行ったりできたらいいですね。趣味での繋がりも含めて、引き続きよいお付き合いができたらなと思います。

ご主人:はい、きっと。

奥様:よろしくお願いします。

大田黒:はい。一緒に、娘さんの成長を見守りながら。「あっ!立てるようになった!!」とか言いながらですね(笑)

ご夫婦:(笑)よろしくお願いします。

大田黒:本日は、ありがとうございました。

ご夫婦:ありがとうございました。



編集後記

DIYがご趣味ということで、見せる収納から実用性を考えられたものまで本当にたくさんの工夫がされていました。こだわりのインテリは凄くおしゃれで、リノベーション住宅との相性もよく、訪れた人をわくわくさせてくれます。

太陽のように、明るくキッチンを照らすオレンジ色のランプシェード。

「幻想的な明かりの模様が、私のお気に入りなんです。」笑顔でそっと教えてくれた奥様。ライトをのぞき込んでみると綺麗な光の影が、まるで夜の星空を眺めているようでした。この日は明るい時間にお邪魔しましたが、夜にはまた違った表情を見せてくれそうです。

他にも奥様のセレクトで、リビングのレースにはちびのミイ(リトルミイ)も隠れていました。そんなご主人のDIYと奥様の好きがバランスよくセレクトされた素敵なおうちでした。

そして、今回のもう一人の主役である娘さん。インタビュー中に、何か自分も話したいようなそんな可愛い表情をたくさん見せてくれました。

パパとママが話している姿をじっと見つめて聞いていたり、「何してるんだろう?」と言わんばかりの表情で何度もカメラに目線をくれることも。それだけで1冊の可愛いアルバムが出来そうなくらいです。

ご両親が娘さんを優しく見守る姿や、インタビューの合間に優しくあやしている姿はとても幸せそうでした。これからも、娘さんの成長と共に変化していくお住まいを楽しみにしています。




【前回までの記事】
◆こだわりな暮らしで心穏やかに~物件探し編~
◆こだわりな暮らしで心穏やかに~施工編~

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

2021.4.24


【Owners voice】こだわりな暮らしで心穏やかに~施工編~

     

先輩リノベオーナーさんへ聞く本音トークシリーズ「Owners voice」
前回に引き続き、先輩オーナーS様に施工についての率直な意見を聞いてみました。

※今回は、物件探し編・施工編・アドバイス編の3回に分けてご紹介していきます。

 

今回お邪魔したのは、西区にある築45年のリノベーション住宅。
DIY好きのご主人と、優しい笑顔の奥様との
”好きがいっぱい詰まった明るいおうち”

ご夫婦と小さなお子様3人での「こだわりな暮らし」
少しだけのぞき見してきました。

「満足できる家」ができるまでのコミュニケーションの心地よさ

大田黒:物件が決まって、いよいよ設計やプランニングの打ち合わせに入っていきますが、その段階で何か感じられたことってありましたか?例えば、今だから言えるけど「実はこんな不満がありました。」とかでも全然大丈夫です(笑)

ご主人:いやいやいや(笑)
結局のところ予算との兼ね合いになってくるので、自分たちの叶えたい要望を不動産購入後の残り予算でやりたいって単純に言うだけなら簡単なんですけど…ただこっち側が、要望だけを伝えてうまくいくかっていうとそうではなくって。

ご主人:要は物の値段は決まっているので、担当者の方と客である私たちがどこが落としどころかっていう折り合いをつけていかないといけないわけじゃないですか。

そうなると、担当者が片方に寄りすぎた意見だとバランスが崩れてしまうので、フェアな立場でこちら側のマネジメントをして下さったっていうのが一番大事だったんじゃないかなと。そうやって中立な立場でコントロールして下さったので、自分もある程度勉強ができ最終的にすごく満足できる家が出来上がったんだと思います。

大田黒:そうですね。特に住宅のリノベーションって、お客様にとっては私たちが普段当たり前に使う言葉さえも分からないと思うんですよね。もちろん、それが当たり前なんですけど。

なので私たちは、いかにお客様にわかりやすく伝えられるかっていうのは常に気を付けています。そういう意味で、弊社では住宅についてよく理解をしたうえで選択していただけるように学んでもらう「住育(じゅういく)」を大事にしています。

大田黒:こちらだけの利益を考えて提案することは簡単なんですが、予算や金額も含めて「これはこの金額でできますけど、後々こういうデメリットがあるかもしれないですよ。」というメリットもデメリットも理解したうえで選択していただきたいなと。

多分、どこの会社もそうだと思うんですけど、あくまで中立な立場でお客様が「満足していただけるようなカタチ」というのは常に考えながらやっていますね。

ご主人:今振り返って考えると、リノベーションが進んでいく中で「天井の梁を見せるかどうか」・「どこを1番こだわりとして残すか」・「予算の関係でどこを削るか」などのバランスをとるところが大事な作業なので、そこがうまくできたっていうのは今お話したような過程があったからかなと思いますね。

大田黒:特に印象深く残っているのは、初めてお会いした時にパワポで資料を作って来られて純粋に「おっ!凄いなっ!!」って思ったことですね。

奥様:(笑)

大田黒:それだけ家に対する想いが強く、こういう風にしたいという完成イメージがしっかりあるんだろうなと。打ち合わせしながらこっちが話すこともしっかり汲み取って理解していただいて、逆に「こうできませんか?」というやり取りが凄く心地よいというか、とても楽しくできたなっていうのはよく覚えています。

奥様は、子どもと一緒に過ごす「時間と空間」がお好き。

大田黒:ご主人と奥様でも違うと思うんですが、実際に生活されてみて気に入ったところここはこだわって良かったなってところはどこですか?

奥様:そうですね。キッチンとお風呂や洗面所・トイレなどの水回りは、お手入れしやすいものを取り入れて造ってもらっているので、すごく掃除が楽で気に入っています。ふふっ(笑顔)

大田黒:実際、お手入れしやすいですか?

奥様:かなり、お掃除しやすいんですよ!

大田黒:私たちが最初に「掃除がしやすいですよ。」とご案内する時って、メーカーからの情報や自分たちが体感してみて良いと思ったものをお薦めしたりするんですよね。でも、今回のようにお客様が6カ月や1年・3年と実際に使ってみて「やっぱり掃除がしやすいですよ。」というお声を頂けると、その良さを再確認できるのでそういったご意見を頂けることは非常にありがたいです。

奥様:あっ!あと、お庭。
この窓のところから、子どもと一緒に寝そべって庭を眺める時間が好きです。ふふっ(笑顔)

大田黒:あ~、なるほど。
あの庭の紅葉(もみじ)を残されたのも正解でしたね。綺麗な秋の紅葉が家の中に居ながらにして見られるっていうのは、すごく贅沢な景色ですよね。それだけで、ビール飲めますもん(笑)

妥協知らずな「こだわりキッチン」

大田黒:ご主人的には、どうですか?

ご主人:やっぱりうちの中では、キッチンが1番ですね。

大田黒:特にキッチンの高さとか幅は、現地で何度も打ち合わせさせていただいたのを私も覚えています。

ご主人:キッチンは、どうしてもやってみたかった場所だったので凄く良かったなぁと。ステンレスフードとかいい感じに統一してやりたかったので非常に満足していますね。

大田黒:最初のご要望として、キッチンだけは妥協したくないってお話でしたもんね。

奥様:モルタルのね!

大田黒:そうです、そうです!

大田黒:ご主人希望のモルタルキッチンで、尚且つ中身は奥様が使いやすいようにシステムキッチンにして。年月と共に、モルタルの経年美を楽しめるオシャレな見た目と機能性とのバランスが取れたキッチンは、私も個人的に好きですね。

大田黒:ちなみに、天井の梁とかはどうでしたか?

ご主人:梁も本当に、いいですね。出して良かったなぁ~って思ってます。

奥様:本当に、出して良かったです。

ご主人:最初は見た目がどうかということよりも、梁自体が新しいものではないので人によっては何だこりゃと思われる方もいらっしゃるかもしれないしっていう不安はありました。でも、最終的に出来上がったこの家と家具などを含めたテイストには、天井の梁が見えるスタイルが全体的な雰囲気に合っていて非常に良かったなと思っています。

ご主人:ああいう中古物件ならではのボルトが出ちゃってるところとか、木の曲線に沿ってしか造れない壁とかを隙間なく丁寧にして頂いたのを見ながら、やっぱりやって良かったなーって毎回思いますね。

大田黒:天井を解体してみると、梁の高さのバランスが結構バラバラで「どのラインで納めて、隙間はどうします?」って話を大工さんも含めて一緒に話し合ったのを私も覚えています。

大田黒:それから出来上がったものを最初に見た時は、リビングに入った瞬間に存在感のある梁がバーンと目の前に飛び込んでくるので凄くカッコいいなって思いましたね。

ご主人:本当に綺麗にやってもらったので、イメージがガラッと変わって改めて凄いなって思いますね。

大田黒:元々隠れていた部分なので、解体してみないと本当に使える梁なのかもわからないですもんね。確かにまっすぐな梁ではないんですが、これだけ立派な梁だったのでここの家にしかない味があっていいなって思いましたね。

ご主人:そうですね~

暮らしの中で見えてきたもの

大田黒:リノベーションをした家に住んでみて、いかがですか?

ご主人:実際に住んでみると、見た目やデザインよりもいかに快適に過ごせるかということころの方が改めて実感します。やっぱり毎日使うものなので、使い勝手は以前に比べると明らかに違いますね。

大田黒:確かに、その違いは大きく感じるところかもしれませんね。

ご主人:その中の一つなんですが、全部上吊り戸にしたのは本当に良かったなと思いました。段差がないってだけで、本当に掃除がしやすくて楽なんですよね。ただ、上で吊ってあるので、冬場は下からの隙間風が寒く感じました。なので、100均とかで普通に手に入る透明の隙間風対策用のテープで改善してみたんですが、見た目も全く問題なく自分たちで全然対応できるレベルだったので結果オーライって感じでしたね。

大田黒:なるほどですね。奥様はどうですか?

奥様:私は、リビングのあそこの壁のところですね。最初は、普通にテレビ台を置いてというスタイルで考えていたんですけど。でも、壁を補強してもらってTVを壁掛けにしたことで、旦那作の使いやすいDIY家具を置くことができました。ルンバが、ちゃんと下を抜けていけるようになっているんです(笑)

大田黒:あ~なるほど、なるほど!!(笑)
棚の下が、掃除がしやすいようになってるんですね。

奥様:今まではTV台に積もった埃も掃除しないといけなかったんですけど、下も掃除しなくてよくなったので凄く快適になりました。

大田黒:ご主人がDIYされる前提で色んな所に下地を入れてお引渡しをしたので、今日改めてお邪魔させていただいて本当にびっくりしました。DIYでこれだけ沢山の物を作ってあって、なんだか嬉しい気持ちと驚きがありますね。

ご夫婦:フフフッ(笑顔)

大田黒:そこに住まわれる方が、ご自分で手をかければかけるほど家に対する愛着が沸いてくるだろうなと思うんですよね。私達が余白を残してお渡しすることで、実際に住みながら完成させていくっていうのが1番理想とするカタチなのかなと。

ご主人:そうですね

奥様:アッ!あと、あれです!!
駐車場から玄関まで、全く濡れないのが最高です!!(満面の笑み)

大田黒:あー確かに。カーポートのあれも、どのくらいにするかって話してましたもんね。

奥様:あれは、本当によかったです。フフフッ。

ご主人:本当そう!

大田黒:支柱の位置が、端っこだと納まらかったんですよね。結局、真ん中に柱を立てるかたちのものにはなってしまいましたが、どこを優先でするかっていうとやっぱり濡れないためにというところが1番大事だったからですね。

ご主人:何度も言いますけど、かなりいいですね。

奥様:かなりいいです(笑)

大田黒:ありがとうございます(笑)
逆になんか、「ここを、こうしておけばよかったな。」とかってありますか?

ご主人:そうですね。窓は予算の関係でそのままにしたんですけど、「もし、この家で予算があったらどこをなおすか?」って言われたら、やっぱり窓を全部新しい二重窓とかにつくり変えたいかなとは思います。

大田黒:そうですねー、広さもあるからですね。

ご主人:こんなに窓が広くなかったら、多分思わないんですけど。二重窓だと更に快適に暮らせるんだろうなとは思いますね。

大田黒:なるほど。

ご主人:窓に関しては、もうちょっとかなとは思います。まあそれでも、隙間風対策は100均とかに売ってあるもので充分軽減されるので「まあいいかなー。」とは思っていますけどね。

大田黒:おっしゃる通り、断熱や窓は暑い・寒いと感じる快適性の部分で大事なので、窓を変えただけでも劇的に変わりますよね。ただ、それにはもちろん費用が掛かるので、全体的なバランスを考えて今回は既存のまま残しましたけど。内窓(インプラス)をつけたりカバー工法もできるので、将来的にまた窓だけ改修したいなって時にはまたご相談いただけれと思います。

ご主人:そうですね。
あーあと、DIYが好きなので石膏ボードではなく、壁とか天井にビスを打ち付けやすいようにしてもらったんですよね。天井を板張りにしたいとかの希望を伝えて全部やっていただいたんですけど、意外に天井はあんまり使わなくってですね。

大田黒:あーなるほどですね。

ご主人:そこは、自分の想像とちょっと違ったなと思っていて。その分、壁の方にもう少し広い範囲で板張り出来ていると、もっとDIYしやすくてよかったかなと感じているところです。

大田黒:天井に何かを固定することが、あんまりないんですね。

ご主人:最初はその予定だったんですけど、天井より壁の方が施工がしやすいのでなかなか使わないですね。

大田黒:確かにですね。

ご主人:石膏ボードでも専用アンカーをつければいいんですけど、耐久性的にやっぱり壁にもっと下地があった方がよかったなっていうのはちょっと思いましたね。とはいえ、凄く快適に過ごしているので何も不満はないんですけどね(笑)

大田黒:DIYするが故の気づきですよね。

ご主人:そうですね、強いて言えばって感じです。

奥様:もう、アパートには住めません(笑)

ご主人:確かに(笑)




取材中、「庭は、まだ今からだねっ。」と楽しそうに語り掛ける奥様へ、ご主人が「そうだねっ。」と言わんばかりの満面の笑みで答えられた姿がとても印象的でした。さて、次回の最終号は【こだわりな暮らしで心穏やかに~アドバイス編~】です。次号もお楽しみに~




【前回】こだわりな暮らしで心穏やかに~物件探し編~
【次回】こだわりな暮らしで心穏やかに~アドバイス編~につづく。

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

2021.4.21


【Owners voice】こだわりな暮らしで心穏やかに~物件探し編~

     

先輩リノベオーナーさんへ聞く本音トークシリーズ「Owners voice」
記念すべき第1回目は、ワンストップソリューションで「中古+リノベ」のマイホームを購入されたS様のご自宅にお邪魔してきました。

※今回は、物件探し編・施工編・アドバイス編の3回に分けてご紹介していきます。

「あなたは、マイホームへどんな想いを詰め込みますか?」

 

 

今回お邪魔したのは、西区にある築45年のリノベーション住宅。
DIY好きのご主人と、優しい笑顔の奥様との
”好きがいっぱい詰まった明るいおうち”

ご夫婦と小さなお子様3人での「こだわりな暮らし」
少しだけのぞき見してきました。

「新築」 or「中古+ リノベ」という選択肢

大田黒:一番最初に弊社を知ったきっかけは何ですか?なにかで、調べられたんですか?

ご主人:まず、「リノベ・不動産」とか「リノベ・会社」とかって、熊本市内の新築を含めたリノベーションや不動産をインターネットで洗いざらい調べました。そこで、良さそうな会社のホームページとかを見てたどり着きましたね。

大田黒:うちの会社以外に、検索でヒットしたところって何社ぐらいありましたか?

ご主人:7社くらいに行ったんですけど、リノベと不動産を一緒にやっているってところは銀杏開発さん以外に2社くらいだったかと思います。

ただ、完全に自社の中でワンストップでやっているところは、自分たちが見た中ではなかったですね。

大田黒:マイホーム購入の中で「新築」と「中古+リノベ」を並行して探されていたのか、それとも新築をずっと探されていて「中古+リノベ」に切り替えられたのかっていうのはどうですか?

ご主人:一番最初は「中古+リノベ」しか考えていなくって、ただ快適性や安全性っていうのを自分なりに調べて勉強していく中で新築というのも捨てがたいかなって思うようになったんですよね。

それならば、「新築もきちんと見た上で判断しよう!」ということで両方を見に行きました。

大田黒:実際に、住宅メーカーのモデルルームに行って話を聞かれたかと思うんですが、最終着地として中古住宅を買ってリノベーションをするってなった決め手みたいなところってありますか?

ご主人:そうですね~1番の決め手は、自分たちが住みたかった場所と立地土地の価格・平屋で広いところがいいっていう住みたい家の大きさの3つで考えたときに、「中古+リノベ」という選択肢が一番コスパがいいなと思ったのが理由ですね。

大田黒:内装・外装・広さも含めて、要望とコストのバランスが一番希望通りになりそうなのが「中古+リノベ」だったということですね。

物件との出逢いは、タイミングが大事。

大田黒:「中古+リノベ」で行こう!って決まったあとは、まず物件を探すところからのスタートだったと思うんですが、物件を探す中でここに決めたポイントや大変だったことなどエピソードって何かありますか?

ご主人:そうですね…

奥様:駐車場かな?

ご主人:確かに

奥様:縦列でとめられるところは、いっぱいあったんですけど…並列で駐車できるところが、なかなか無くって。

大田黒:特に築年数が古いところになると、昔は1台駐車できればいいとか結構多かったので、たとえ2台駐車できたとしても縦列だったりとか。工事によって広げられる場合もあるんですが、物理的に不可能な時もあるからですね。

ご主人:そうなんですよね。

大田黒:やっぱり、3台駐車できるっていうのはポイントとして大きかったですか?

ご主人:そこは、大きかったですね。駐車場もそうですけど、良い条件のところを探そうと思うとなかなか出てこなくて。出てきても、すぐに売れてしまったりとか。そうなると、気持ちも焦ってしまって…

自分たちでも不動産サイトで探して、ずっと売れていない物件やよさそうな物件をどんどん見に行きました。それに加えて、銀杏開発さんの方から提案して下さった物件も併せて、一緒に現地へ見に行ったり行けないときは写真を送ってもらったりとかして。

そうやって、効率よくスピーディーに連携してやることができたので、最終的に自分たちの希望に近い物件がみつけられたんだと思います。やっぱりそこが、物件探しのポイントとしてはかなり重要だったかなと。

大田黒:そうですね。物件探しはすごく難しくて、長い期間がかかる人もいればパッと決まってしまう人もいます。お客様にとっては、リノベーション前の物件からはイメージが湧きにくいというのもあると思います。それに加え、ここの物件は良いけれど、もしかしたらもっと良い物件が見つかるかもしれないというループに一度はまってしまうとなかなか決まらなかったりして。

そういう意味では、100%希望通りの物件じゃなかったとしても、別の部分で補えるんじゃないかという見極めをすることは必要かもしれないですね。

ご主人:ただそこの部分でいうと、素人ではなかなか判断ができない部分なんですよね。なので、一緒に物件を見に行ってくださることはすごく良かったなと感じています。実際にその物件で決めるとなると、手付金を出したり支払いが生じてくるので他の方へ売れてしまう前に早く判断をするっていうのが一番大事なところですよね。

大田黒:そうですね。物件を見に行った時に、なんとなく「これくらいの金額で納まりそうですね。」という不動産と建築の両方の視点でお話ができるのは弊社の強みでもあります。やはり、良い物件であればあるほど他の人も狙っているので、スピード感は常日頃から大事だなと痛感しています。

ご主人:本当にそうですね。




【次回】こだわりな暮らしで心穏やかに~施工編~につづく!!

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

2021.3.18


【施工事例】プロの視点とお客様から学ぶリノベーション

     

少しずつ春の訪れを感じる今日この頃。

卒業シーズンということもあり、新たな生活をスタートさせる方も多いのではないでしょうか。

今回は、マンションリノベーションで新生活を迎えられるH様邸をご紹介したいと思います。

女性らしい優しさを感じる
デザインセレクト

この日、無事にお引渡しを迎えたH様。

実際に触れていただきながら、出来上がったお部屋をご覧いただきます。

新しくなった住設(住宅設備機器)の使い方のご説明をしたり、

照明のご相談や、その場で疑問に思われたことなどのご質問をお受けします。

使い勝手を考えられたキッチンの造作

女性らしい優しいデザインの洗面やクロス(壁紙)のセレクト

各部屋に使用されたアクセントクロスの数々。
これから迎える新しい住空間へのH様の想いを、たくさん感じることができました。

お客様から学ぶ

Q.お引き渡し式を迎えられての感想をお聞かせください。

H様「思ったようなカタチに仕上がったので、本当によかったです。
リノベーション前は暗〜い感じだったので、最初は不安がちょっとあったんですけど…
クロス(壁紙)とかも細かいところからご相談させていただけたので、よかったなと思っています。」

Q.こだわりやお気に入りのポイントはございますか?

H様「最初からこだわったところは、やっぱりリビングカウンターのヘリンボーン柄の壁のところですね。1番メインになるところかなと思っていたので、ここが1番こだわりました。」

ーー 自分たちが選ぶクロスとお客様が選ばれるクロスって違うので、お客様が選ばれたクロスを見て自分たちも勉強になるんですよね。今回選ばれたクロスの使い方もすごくいいなと思って、今後の参考にさせていただきます。

Q.それでは、最後に担当者に一言いただけますか。
H様「LINEとかでずっと親切に連絡のやり取りをしてくださっていたので、安心してお任せすることができました。ありがとうございました。」

ーー私も 担当者が一生懸命やっている姿は見ていたので、H様とのコミュニケーションはとれていたのかなと感じます。特に、クロスはすごく悩まれていたようですね。

H様 「そうですね。もう全然わからなかったので…」

ーー 完成した物件を見ると、すごく悩んで選ばれたんだろうなというのが伝わってきて、H様の想いがつまったすごくいいお部屋だなと思いました。

H様 「ちょっと長い期間になってしまったんですけど、本当に自分の思ったような素敵なかたちに仕上がったので嬉しく思っています。また、ちょっとわからないこととかは相談させていただきたいので、引き続きよろしくお願いします。」

ーー今後も何かあれば、お気軽にご相談ください。本日はありがとうございました。

まとめ

お引渡しが終わっても、これからまた始まるH様との繋がり。

お祝いのマドカズラ(観葉植物)の花言葉のように、これからも気軽に相談ができる深い関係性を築いていければいいなと思います。

 

 家づくりに、もっと自由を
家づくりで、もっとしあわせに

【お問い合わせ】
リノベ不動産│銀杏開発

住所│〒860-0088 熊本市北区津浦町32-2
TEL│096-351-1875 FAX │096-351-1871
Mail : info@ginnan-style.info

全国・熊本県宅地建物取引業協会会員
熊本県知事免許(8)第2776号
熊本県知事許可(般-29)第18281号

2018.12.31


✾マリメッコなお話✾

     

きっかけは。。。

『家の中心にある廊下の、真っ白な壁をどうにかしたいんです!』
と、新築2年目のご自宅の悩み相談を受けました。

まずは、現状を把握させて頂く為ご自宅を訪問。

お客様のご希望を詳しく伺ってみました。
すると。。。
□四方真っ白で箱の様な廊下に変化を付けたい!!
□長さ5.3メートルもあるので、ニッチを2つ造作して欲しい!
との事でした。

※ニッチとは…花瓶や飾り物を置く為に、壁面を凹ませた飾り棚の事。

しかし。。。

築2年の新しい壁や柱をくり抜くのは、少しためらいを感じるスタッフ。
何気にリビングに目をやったスタッフ。
‶これだ!!”

お客様のご自宅のリビングには、マリメッコ(marimekko)のカーテンや小物がセンス良く飾られていました。
そこで、‶アクセントクロスを採用してみてはいかがでしょうか?”とご提案。

『折角ですので、壁紙クロスもマリメッコにしてみませんか?』


全体の調和がとれ、トータルコーディネートとしてお部屋の雰囲気がまとまるかと思います!
ただ…よくご存知かと思いますが、マリメッコさんのデザインはインパクトのあるものが多いです。

そこで。。。

弊社で取り扱いをさせていただいている
マリメッコのクロスカタログをご覧いただきました。
そして、お客様とご相談をし落ち着いた色味の物を選びました。

しかし、壁一面にアクセントクロスを使ってしまうと、折角の空間に圧迫感を感じてしまう。
そこで、職人さんとも相談をして・・・


壁の一部分にマリメッコのラインを作ることで、存在感がありつつ主張しすぎない落ち着いた雰囲気のイメージチェンジができました。

元々、marimekkoがお好きな施主様。
愛犬の可愛いらしい‶ワンchan”とご一緒に、大満足して頂けたそうです^^

弊社ショールームでは、一部ではありますが実際にマリメッコの壁紙をご覧いただくことができます。

ご興味のある方は、カタログもございますので是非お気軽に遊びにいらして下さい。お待ちしております!!

そんなマリメッコなお話でした♡

2017.2.21


H様邸竣工しました。

     

先日竣工したH様邸。
約1ヶ月間の工事の中で、奥様も娘さんも当社のスタッフや職人さん達と仲良くなって頂き、最終日には「明日からもう来ないんですね…。」とのお言葉。
本当に嬉しいお言葉です!!
完成後のお部屋も大変気に入って頂き喜んで頂けました。

Before&Afterの写真は近日中に実績紹介に掲載致します。

category

entry